Pocket

 

「食」と「風水」ってどんな関係があるのでしょう?

「医食同源」という言葉がありますね。

それは、「病気を治すことも食事をすることも健康を保つ源は同じ」という考え方です。

 

中国では風水の基本となる「陰陽五行説」の5色の考え方は、食にも活かされています。

「食」と「五色」と「五臓」との関係として「食べ物の色が臓器に滋養強壮をもたらす」と中国の伝統医学で云われています。

「五色」とは料理や素材の色、「五臓」は効果のある臓器ということになります。

実は健康には「五色のバランス」が必要なのです。

色を使って簡単にバランスの良い食事が摂れるようになります。

健康を保つには、あらゆる食材の「風水的色の調和」を摂ることは欠かせないのです。

 

その五色とは、青(緑)、赤、黄、白、黒

五味(人間の味覚)は、酸っぱい、苦い、甘い、辛い、塩辛い

料理の方法として、五法=生で、煮る、焼く、揚げる、蒸す

があります。

五味(酸味、苦、甘、辛、塩辛い)のバランスを考慮すると、栄養学的にバランスの取れたものになるようです。

「食」にこれらを取り入れることで、色の調和だけでなく、味の調和、栄養的にもバランスの良い献立となり、健康にもつながっていくことになります。

 

「木」=青(緑)=肝臓

ホウレンソウ、ブロッコリー、ニラ、枝豆、ねぎなど=肝臓の血液循環を促進し、代謝作用を活性化、疲労回復やストレスを緩和、免疫力強化の作用もあります。

 

「火」=赤=心臓

ニンジン、トマト、クコの実、牛肉、豚肉、赤みの魚など=タンパク質や脂質を含む食材は主に血や肉を作り、心臓の機能を高めて動悸を予防します。虚弱体質や冷えにも効果があります。

 

「土」=黄=脾臓

大豆、カボチャ、トウモロコシ、バナナ、ミカンなど=体温や力になり脾臓の機能を高め、新陳代謝を活発にします。

 

「金」=白=肺臓

キャベツ、白菜、牛乳、白身の魚など=肺機能の強化、胃腸機能の改善の効果

 

「水」=黒、濃い青=腎臓

しいたけ、ゴボウ、海草、ひじき、黒豆など=腎臓機能を高め、排泄作用を強化します。

 

この5色をバランスよく1回、もしくは1日に摂るようにしましょう。

心と精神と体は密接につながっていますので、心と精神(魂)、身体の健康とバランスがあってこそ、人生に最高最善のもたらしてくれますね。

 

食と風水に関しては「食と色の健康活用」でも詳しくお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

Pocket